バナー

マイナンバーの事前収集

マイナンバー制度は2016年からスタートしたもので、すべての日本国に住む人に割り振られる番号のことです。

番号の発行は国が行い地方自治体がその窓口となるものです。



すでに住民票などに登録されているすべての人に番号が割り当てられており、2015年の後半から通知カードの送付が行われています。


この通知カードには住所氏名と番号が書かれており、この時点でマイナンバーを知ることが可能です。

一方で企業に求められるのが従業員のマイナンバーの把握です。

マイナンバーの収集ならこちらが人気です。

マイナンバーは税金を納めるさいに必要な番号であり、企業にとっては事前に収集しておくことが求められますが、収集には厳重な管理が必要とされます。

マイナンバーでは税金を納めるほか社会保障を受けるさいにも必要な番号であるため外部に漏洩することは大きな問題といえます。

番号が流出しただけでは、直接的な被害は発生しませんが、企業が収集したものが流出したという事実だけで、社会的な信用を失うリスクがあります。

ビジネス視点でAll Aboutの情報がいっぱい詰まったサイトです。

一方で事前収集は企業が従業員への給与の支払いのさいに源泉徴収をするさいに必要なものであり、平成28年度分の給与からその対象になります。

また事前に集めること自体は違法ではありませんが、一方で義務でもないため、あくまでも書類を公的機関に提出するまでに分かっていれば、集める必要もありません。

ただ提出期日の前には作業が混雑するため事前に収集し、企業として把握しておくことで通常業務への影響を抑えることができます。